また少し家族の話を。
ウチは奥さんと1歳になったばかりの娘の3人家族です。

子どもはとても可愛いですが、産後、「自分と奥さんの関係の変化」に戸惑う日も多かったです。

出産前は段々身重になっていつも通りの生活がスムーズにできなくなっていく奥さんと協力して、「出産まで一緒に頑張ろう!」という、ある意味相思相愛的な関係でした。
しかし子どもが産まれてからは、妻の愛情の大部分(全部!?)は、子どもに行ってしまいます。まあこれは仕方ないんですけどね
赤ちゃんは、特に3カ月くらいまでは、24時間でお世話が必要です。奥さんは「命を預かっているんだ!」という責任感MAXの状態が続きます。また1人の時間をなかなか持てないので、ストレスもすごく溜ります。で、夫の存在はほとんど眼に入らなくなります(笑)

そして夫はと言うと、そうした妻の変化に戸惑うわけですね。
あれっ、出産まで一緒に頑張ってきたあの頃の妻はどこに行った・・!?って。
僕の場合、1番記憶に残ってるのが、月例3カ月目がだいたい12月だったのですが、年内最後の仕事を終え帰宅した時に、1年間お疲れ様」の一言もなかったとき寂しかったですね子どもが産まれる前は、外食したり、ちょっと特別な夕食をつくって労ってくれましから・・・。
奥さんから見れば、「仕事納めも年末年始もない!」という気持ちなので仕方ないんですけど

僕は30歳代で父親になったので、「そういうもんかな・・・」と思ったのですが、20歳代だったら妻の変化についていけず、怒ったり妻にも負けず!?イライラした気持ちをぶつけたりしたかもしれないなと思いました。
たまに「子どもは作らない」という選択をして、プライベートを満喫している夫婦に会うと、羨ましい気持ちになったりしますよ。旅行に行ったー、美味しい店見つけたー、とかドコソコに行って夜遅くなっちゃったけど楽しかったー、とか。

1歳になって、前ほどは手がかからなくなってきました
何より毎日、僕も奥さんも、娘からたくさんの笑顔をもらっているので、「まっ、しゃーないな」と思って過ごしています。