ちょっとブログテーマから離れて会社のお話を・・・。
 
少し前、僕の勤務する会社に25歳の男性(通称テッチャン)が入社してきました。3か月の試用期間を経て本採用の見込みです、しかし・・・
一旦試用期間は延長され、さらに本採用も見送り
の可能性が高くなってきました

欠勤が多いとか、はっきりと分かるマイナス理由はありません。
幹部職や人事担当がそう判断した理由として考えられるのは、テッチャンが、15年間勤務したもののあまり仕事ができず退職せざるをえなかった男性社員「山さん」に似ているからです。
似ている点を挙げるとたくさんあります。少し太めという外見や雰囲気もあるのですが、処理やコミュニケーション能力、スケジュールを立てる、パソコンスキルとか働くうえで必要なことが、平均が10だとしたら一律に6くらいしかないのです。
テッチャンが加わり一緒に働き出して、所属グループ内ではその成長の遅さにちょっと驚きました。また山さんにいろんな点で似ているため、「教えても成長は難しいんじゃないか」でほぼまとまり、幹部からのヒアリングにそう答えました。

普通、試用期間といっても本採用を前提としているため、試用期間後の不採用は「解雇」と同じ意味です。そのため「それを事前に知っていたら、明らかに採用しなかったであろう客観的な理由」が必要です。でもテッチャンは基本的にマジメです、勤怠は問題なく、たぶん経歴詐称とかもなく・・・。

でも山さんのこともあり、同じ会社にいて、「テッチャンはキツイな・・・、このままいても他の社員の足を引っ張るだけだろう・・・」って分かるのです。おそらく幹部・人事でも同じように判断して、一旦試用期間は延長、さらに本採用しない可能性をそれとなく本人に伝えたところ・・・。