4月に入ってからショックな出来事がありました。
実家の父親の入院、そして病名はおよらく「癌」であることです。
「おそらく癌」なのは、画像上は腫瘍があり癌であることが想定されるが、問題の臓器周辺は出血があり、詳細な検査ができないからだそうです。救いなのは、腫瘍マーカー、細胞診といった実施可能な検査では数値上、癌ではないとなっていることですが。

父親もすでに70歳をいくつか超え、数年前までヘビースモーカー&癌家系など考えれば、仕方ない・・・と思うのですが、癌だった場合の生存率等を主治医の先生から聞くと、かなりショックでした。

現在、最も厄介なのが出血のため、病名を確定させる検査ができないことです。癌を確定させる検査とは、大きく分けて2つ。
1つ目は、癌の種類が何か、これは腫瘍を一部取り病理検査を行う。
2つ目は、癌がどの程度、広がっているかの範囲を調べる 
らしいのですが、
癌の種類は、出血がある中で腫瘍の一部を切り取るのはリスクが高すぎる&
範囲も、出血があると画像や不鮮明になり診断できない 
ので、とにかく止血をしなくては・・・というのが今の状況です。
で、今日、主治医の方の説明で、止血剤では止まりそうもないので、原因となっている可能性のある個所からカテーテルを入れ、血液の流れを遮断して出血を止める方法を提案されました。正直、素人には???な点が多く、もう「お願いします」としか選択のしようもないのですが。

父親本人にしてみれば、癌かもしれず、早く癌の治療を受けたいと思っている中で、、そこまでなかなか辿り着けない歯がゆさや焦りはすごくあると思います。
とにかく今は、出血がおさまり詳細検査を受けられる状態になるよう、祈るばかりです。

先日、奥さんは1日フリー、僕が娘(1歳半)と1日過ごすというのをやってみました。疲れましたがけど、奥さんは上機嫌で僕に大感謝、娘もママシックになることもなく、夕方にはパパ、パパと連発して、「パパ」もとっても嬉しかったです。
そして明日は、パパの1日フリーです。正直、嬉しい・・・。1人ですが、サッカーでも見に行こうかと思っています。