Category: はじめに

「婚活」を始めたきっかけとなったのは、34歳の夏の日、当時お付き合いしていた方と別れたことでした。結婚を相当意識してお付き合いする年齢ですが、自分の中でどうしても「その方との結婚」をイメージできず、お別れすることになりました。

自宅に帰り両親に話すと、
両親はしばらく声が出せないほどショックを受けて、
落胆していることがはっきりと分かり、やっと息子も結婚できるなとすごく期待させていたんだなこれは早く安心させてやらないとなと思い、婚活を始めました。

「結婚相談所」に入ろうと思ったのは、それまで参加したパーティーやバスツアー等に比べて費用が高い分、真剣に結婚を考えている方が多いと思ったからです。
他の手段として、友人や親族の紹介でお会いした方もいたのですが、「断る、もしくは断られる」ときにすごく気を使うので、全然無関係な第3者に紹介してもらおうと思ったのも理由の1つです。

また費用は高いけど、その分だけ
相手のプロフィール情報が保障されていること
も良いと思いました。
結婚相談所では入会時に身分証明書はもちろん、住民票や源泉徴収票等の書類確認があります。そのうえで仲人さんによりプロフィールが作られるので、少なくともその情報に関しては保障されているといえるんですね。

そしてその費用を払ってまで結婚したいと思う人が集まるので、実際にいわゆる「サクラ」「目的が違う」的な方に会ってしまう可能性は低いと思います。


話は変わりますが、落胆する両親を見たときの「すごく期待させていたんだな、これは早く安心させてやらないとな」という気持ちは、いま思い返すと婚活でしんどくなったときの心の支えでした。
先日、子どもが生まれ孫も抱かせてあげることもできて、少しホッとしたような気持になりましたね。

次の記事からは、具体的な「結婚相談所での婚活」について書いていこうと思います

minatomirai_0445















平成25年夏の日、僕は「結婚相談所」に入会しました。
そして3年後に入籍、翌年には子どもも生まれ、現在に至っています。

実は「結婚相談所」を通して結婚したのではありませんが、約3年間、仕事以外のプライベートで真剣に人に向かい合って、いろんな事を話して、「生涯の伴侶」を探すまでの道のりは、自分の中で大切な思い出になりました。

少し結婚生活が落ち着いてきたので、その思い出を振り返ってみたいと思いました。

ブログを書きたい大きな理由がもう1つあります。
とある「結婚相談所」大手のデータによると、35歳〜39歳男性からのお見合い快諾率(女性へお見合いを申し込んで、女性がOKをする割合)は6.6%だそうです。つまり女性16人へお見合いを申し込んで会えるのはやっと1人ということです。

さらにお見合い終了後の、35歳〜39歳男性の交際発展率(男女双方がOKをして交際に発展した割合)は16.2%だそうです。お見合いをするだけでも大変なのに、そのお見合いを6回してやっと女性1人と交際できるということです。

婚活中の方にとっては、ちょっと大変な数字です、
さらに「ゴールイン=結婚」するためには、3か月以上交際をしてプロポーズへと進んでいく必要がありますが、経験上その道のりでその1人も0人になってしまう可能性もかなり高いです。

でもある程度、
結婚相談所」を通した婚活がどういったものかを知っておく
だけで、そのときの「生涯の伴侶候補」が0人になってしまう可能性も低くできると思っています。

このブログは、「結婚相談所」で結婚を考えている、もしくは活動中の男性向けに、「結婚相談所の婚活」をテーマに書いていきます。
少しでもお役に立てたらうれしいです。

↑このページのトップヘ